NBA観戦 in NOLA!! ~その2~ “New Orleans Pelicans vs. Milwaukee Bucks”



ポップコーンはやっぱりアメリカサイズ!!

NBA観戦 in NOLA!! ~その1~ の続きです

さて、試合観戦にはやはりポップコーンとコーラが欲しい!そんなわけで、休憩中に売店に行きました。ただ、休憩時間もパフォーマンス等があるので、タイミングがなかなか難しいです笑

念のために書いておきますと、客席の入り口には警備員がいて入るたびに確認されますので、チケットは持ち歩くことを忘れずに!

売店ではポップコーンはボックスで6ドルぐらいだったかな?とりあえず3人前くらいはありました。

さすがはアメリカンサイズ!でも、まあなんやかんやテンション上がって食べられます笑

コーラは驚愕の5ドル。もちろん500mlペットです笑笑

注意としては、売店で”蓋外しておこうか?”と聞かれるので、蓋が必要な方は気をつけましょう。”Yesマン日本人”では意図せずして”何で蓋がないの!!”という状況になってしまいかねます笑

“New Orleans Pelicans vs. Milwaukee Bucks” at Smoothie King Center

さて、今回の対戦チームはSmoothie King Centerを本拠地とするNew Orleans PelicansとMilwaukee Bucksでした。

Pelicansといえばアメリカ代表にも選ばれている不動のスター選手No.23アンソニー・デイビス(Anthony Marshon Davis, Jr.)が在籍しています。

<出典:Wikipedia>

2012年にペリカンズの前身ホーネッツにドラフト1位で選出されてから、4度のオールスター選出(2017年はMVP受賞!!)に加え、米代表としてオリンピック、W杯優勝も経験しているペリカンズの生え抜きのスター選手。”Pelicansの顔”とも言える人気選手です。



ちなみにアンソニー・デイビスは高校時代に急激に身長が伸びたためガード→センターへと転向した選手で、『スラムダンク』で言うところの山王の河田雅史のような選手でしょうかね。

そして、他にも奥さんの脳腫瘍手術のために無期限離脱をして話題を呼んだNo.0ドリュー・ホリデー(Jrue Randall Holiday)もいます。

<出典:Wikipedia>

彼もオールスターに選ばれたことのある人気選手で、試合を見ている限り、デイビスと並ぶペリカンズの二本柱といった感じでした。実は奥さんも有名スポーツ選手でして、元米代表女子サッカー選手ローレン・ホリデーその人なんですよね。

ただ、僕が個人的に好きだったのは…

今やNBAのジャーニーマンと化しているNo.9レイジョン・ロンド(Rajon Pierre Rondo)です!!

<出典:Wikipedia>

出場時間は長くありませんでしたが、なんというかプレーの一つ一つが魅せてくるんですよね。

今年の7月にペリカンズに加入したばかりの彼ですが、人気と実力は折り紙付きのようで、1年契約にも関わらず、既にグッズ売り場に彼のユニフォームが置かれていました。

何を隠そう僕が衝動買いしたのは彼のユニフォームです笑

ちなみに他にユニフォームがあったのはNo.23アンソニー・デイビスとNo.0ドリュー・ホリデーだけでした。

まあ、別にペリカンズのファンというわけでもないないのですが、会場の空気でいつの間にやら僕らもペリカンズを応援してました笑



NBA名物”キスカメ”!!”Mistletoe Cam”!!タイムアウト中パフォーマンスも圧巻!!

試合は、超接戦で僅差ながらリードを守るBucksをPelicansが追いかける展開で、とてつもない熱戦が繰り広げられました。

とにかく選手がでかい!!ダンクやらアリウープやらが連発です!というか、あまりに簡単に行われるスーパープレイの数々に、あれ?バスケってこんなに簡単に入るの?って。。『スラムダンク』の世界ですらアリウープとか稀だったのに…。もはや次元が違いました。

そしてタイムアウト中に客席にカメラが回るのもNBA名物の一つです。

その中でもやはり一番といえばこれ!!Mistletoe Cam!!

“Mistletoe”というのは”ヤドリギ”を意味します。つまり”Mistletoe Cam”は”ヤドリギ・カメラ”ということです。

なんやそれ?ってな方に解説しますと、西洋ではクリスマスシーズンにヤドリギの下にいる女の子にはキスをして良いという習慣があるそうで、つまるところカメラに写されたカップルはキスをしなくてはならない!!ということなんです。

個人的には動画冒頭の母娘が映された演出が好印象でしたね。あとは4組目の老夫婦。実はこの老夫婦は映されるのが、これで2度目なんですよ。この動画ではきれていますが、冒頭の母娘の前にこの老夫婦の1度目があるんです。

その時はおじいさんの方が”Mistletoe Cam”に気づかずにキスできないままにカメラは別のカップルの元へ。そのあと巡り巡って再び映され2度目は無事にキス!!

いや〜、演出がうまい!にくいな〜!!

というより、みんな抵抗なくキスするあたりはさすがアメリカって感じでした笑

ちなみに、ハーフタイムにはチアのダンスパフォーマンスやドラムラインの演奏など盛りだくさん。さらには、ハーフタイム中にコートの真ん中でチアリーダーがプロポーズされたり。。

NBAはエンターテイメントとしてもすごかった。。



New Orleans Pelicans勝利でご満悦!!ユニフォーム購入!!

繰り返しますが、当初Pelicansのファンでもなんでもなかった僕ですが、試合が終わる頃にはすっかり熱狂的なファンの一人と化していました。

しかも試合はPelicansの勝利!!

追いつきそうでなかなか追いつけなかった苦しい展開から一転。終盤にてついに逆転を果たし、超熱戦の末に大接戦を制したものですから。それはもう即席Pelicansファンを大興奮させるには十分な展開だったわけで。。

入館時には気づかなかった客席入り口につながる階段には館内最大の(おそらく)デイビスのポートレートも発見してテンションマックスに…。

興奮冷めやらぬままにグッズ売り場に来訪。勢いでロンドの9番のユニフォームとPelicansシャツ&トレーナーを購入してしまいました!!

これは京都に戻った後に、運動用に使う予定なのだ。。

ちなみに、今回の渡米中は僕のスニーカーのセンスが火を吹きまして(その辺はまた別の記事で書きますが…)、グッズ売り場でもアメリカの若者に声をかけられて軽いお話をしていたり。あの子たち、ぱっとみは僕と同世代くらいに見えたけど、絶対年下だよなあ。。

そんなこんなで、とりあえずNBA観戦のお話はおしまい。いや〜、楽しかった。良い経験をしましたよ。また行ってみたいな。。


NBA観戦 in NOLA!! ~その1~ 意外と知らない観戦時の注意事項。



NBA観戦 in NOLA

出張3日目の晩に本場アメリカのバスケットリーグNBA観戦に行ってきました!!

ちなみにNOLAはニューオーリンズの略称です。”NOLA”つまり、New Orleans, LouisiAnaです。前の記事でも書きましたが…。

まあ、僕自身そこまでバスケットに詳しいわけでも、NBAの熱狂的なファンなわけでもないのですが、一緒に出張に行ったラボメンバーからの提案で行ってきました。

えっ、ああそうです。僕自身はスラムダンクで「バスケットに憧れたものの、その後プレーする機会はなかった勢」の一人です笑

そんな僕でしたが、観戦してきた感想は端的に言えば”最高!!”でした!!勢いでユニフォームを衝動買いしてしまったほどです笑

ちなみに、観戦に際して観光客が見落としがちな重要な規則が…。日本感覚ではちょっと失敗します。と、いうか我々は失敗しました笑

観戦に行かれる前に是非ご確認ください。

タクシーでSmoothie King Centerへ向かう!

さて、今回の出張先はニューオーリンズだったので…。

そうです。ニューオーリンズにはSmoothie King Centerを本拠地とするニューオーリンズ・ペリカンズ(New Orleans Pelicans)がいるんです。

仕事場所はFrench Quarter付近だったので、そこから直接タクシーでSmoothie King Centerへ向かうことに…。(が、この判断が後ほど予想外の展開を…)

ちなみにタクシーに乗るのはそんなに難しいことではないので夜は安全のためにもタクシー利用をお勧めいたします。ルイジアナのタクシー料金は定額料金なので、ぼったくりなどの点でも安心です。

基本的に乗って行き先を告げたら、運転手さんの方から一人当たりの金額を教えてくれます。そうでなければ念のためこちらから聞いておきましょう。

我々の場合(French Quarter付近→Smoothie King Center)で一人5ドルでした。当然アメリカではタクシーでもチップは必要ですのでご注意!!きちんと払いましょう笑

タクシーに乗った体験談(会話表現も)は別記事で書きます。



えっ入れないの!!?観光客が見落としがちな注意点!!

さて、タクシーを使って無事Smootihe King Centerにたどり着いた我々でしたが、ここで予想外の事態に襲われます!!

入り口に向かおうとする僕に警備員の男性が

” No backpacks!! No backpacks!! “

と…。

そうなんですよ。鞄持ち込み禁止なんです!!ご注意ください。

今回ネットでチケットを購入して行ったんですが、どこにもそんなことは書いてありませんでした!!タクシーの運転手さんも教えてくれればいいのに!!

鞄の持ち込み禁止は地元の人たちにとってはあたりまえのことらしいのですが、観光客には以外と知られていないらしく我々の他にも荷物持参で来てる人が多々いました。

とりあえず、付近に荷物を預けられるようなところもなかったので、一旦タクシーで宿に戻ることになってしまいました笑

観戦を予定されている方はお気をつけください。

宿に戻る際にタクシーの運転手さんに聞いた所、アメリカではNBAに限らず、すべてのスポーツ観戦で荷物の持ち込みが禁止されているそうです。

ちなみに中身の見える透明な鞄であれば持ち込み可。コートなども着たままで入れます。

持ち物検査をクリアして…。いざ、会場に!!

さて、再びSmootihe King Centerに戻ってきたら後は会場に入って試合を観戦するだけです。

まずは、ゲートで持ち物検査をします。持ち物検査は、空港の保安検査の簡易版みたいなもので、貴重品だけトレイに乗せて金属探知を通ります。この時空港とは違い上着を脱ぐ必要はありません。

無事、持ち物検査をクリアしたら、次は建物の入り口へ進みます。チケットは建物の入り口で係の人に見せたら、手持ちのバーコードリーダーで読み取られます。

これで、入場完了。後は自分の席まで行くだけです。

客席入り口につながる階段の横の壁には歴代(?)ユニフォームが!!

売店で食べ物を買ってから客席に行くもよし、先に客席に行くも良し。どっちにしても手荷物はありませんからね笑

今回は、一度宿に帰ったりしてすでに試合が開始していたので、とりあえずまずは席へ!!

座席へたどり着くと…めっちゃいい席でした!!一階席の最後列で3000円くらいです。

ちなみに、我々が5分遅刻ぐらいでしたが、思いの外試合開始後に入ってくる人が多かった印象です。アメリカ人って結構時間にルーズかも??

NBA観戦 in NOLA!! ~その2~ “New Orleans Pelicans vs. Milwaukee Bucks”に続く!!